SoundNote

とあるギター弾きのブログ

ライフ

太陽光発電ってどうなの。とにかく高いが元はとれるのか。

2016/06/23

Man installing alternative energy photovoltaic solar panels on roof
太陽光発電ってどうなの。
気になったので調べてみて書いてます。
昔中学生の頃に授業で太陽光発電は百万以上とか掛かるので付けてるのは馬鹿じゃねーのって言ってました。付ける理由は電気代を安くしたいからでしょうが、元取るのに何十年もかかって話にならないと。


現在の太陽光発電設置費用

太陽光を家の屋根に付けたりしだして暫く時が流れた今日この頃、設置費用は大体いくらぐらい掛かるのでしょうか。
昔に比べて付けてる家増えたよね。

相変わらず高いよ太陽光

結局これ。
相変わらず高いです。
電気エネルギーを作るのにこんなにコスト掛かるのはどうなのって気がします。しかも家の屋根とかの発電なのでたいして量もないんじゃないかと。

価格はソーラーパネルの値段と工事の費用を合わせて1kWあたり40~50万円かかるようです。
1kwって言われてもわかりづらいですが、家庭用は3~4KWが一般的です。
そうすると100万~200万かかります。Oh..


メリットとデメリット

先にコストが高いというデメリットをあげましたがそれが最大のデメリットで、メリットも非常に大きいです。

メリット

・電気代の節約に
自家発電なので電気代が大きく節約できます。そもそも日本の電気代高いよ。

・余った電気を売れる
設置にかかった費用を回収していけます。

・災害時に電気が使える

デメリット

・コスト
設置費用やメンテナンス費(保障期限後)など

・発電量は環境によって不安定。
天気とか

・引越しにくくなる



ほかにもメリットデメリット多々あるかと思います。


取り付ける場合

取り付ける場合について考えてみます。

業者選びは慎重に

ここが一番気をつけるポイントかと思います。
業者によってかなり変わってきます。
何十万も変わってくるのは当たり前。でかい。
見積もりは1箇所だけじゃなくて何箇所もして検討すべし。

無料で一括見積ができるサイト→「タイナビ
適当に見つけてきたやつです。

国とか県とかの補助金で割引も結構あったりするようです。

電気の買取価格は政府が10年は保証

太陽光発電により抽出できたエネルギーは政府に売却する事ができます。
買取の金額は年々下がっています。普及してきているので渋くなってるのかもしれません。

一般住宅に取り付けた場合はおそらく10KW未満の契約になるかと思います。
2016年は1LWhあたり税込み33円で買いとってくれます。
ちなみに2010年だと1KWhあたり税込み48円だったらしいです。結構変動しますね。

契約したら10年間は同じ金額で買い取ってくれます。
10年以降はどうなってるかわかりませんがかなりやすくなっているかと思います。

南向きに屋根があるといい

太陽光発電は太陽に依存します。
なので屋根の向きの影響は非常に大きいです。
南が太陽よく当たるのでいいです。

故障の可能性

こういったものは何でも故障する可能性があります。
でも大体の業者では10年前後の保証がついています。なので10年は安心です。
それ以降は運です。
設置場所などが大きく影響してくるようです。環境が悪いとか風が強いとかだと良くないみたい。

10年以降はそのうちどっかしら壊れるかもしれないと考えといた方がいいかもしれません。冷蔵庫とか洗濯機などの家電も10年ぐらいだしね。
太陽光発電は基本的に維持費がかかりませんが、これを維持費と考えても良さそう。
修理費はそれなりです。
例としてパワコンの耐用年数は10~13年、修理で直る場合は5万~10万ほど、交換が必要な場合は20万ほどです。

元はとれるのか

初期投資に大きく費用がかかりますが最終的に元はとれるのか。
とれます。
だからっていいのかはわかりません。
上手くいけば10年から15年程で元が取れるようです。
運が悪いと25年経っても元とれない事もあるようです。

長期になるし100万もかかってこれだとあまり賢いとは思えないです。
一括で払えない財力だと止めとくのがいいかと。
余裕のある人にはいい選択肢かもしれないです。


最後に

太陽光発電で検索かけてみると、なんだか胡散臭いサイトで「太陽光発電はお得です!」みたいな事書いてあってんーってなりました。

太陽光発電の設置は結論としては微妙な感じ。
良いとも言いがたいですが悪いともいいがたいです。
付けたいって人は付ければいいし、別にいいやって人は付けなくていいんじゃない。

一般家庭の場合は微妙な感じかもしれませんが、一部の家庭とか企業とか土地が余ってるとかはしっかり採算とれるのかもしれないですね。

太陽光発電は年々安くなっているので何年か後には魅力的なものになってるかもしれません。

-ライフ