SoundNote

とあるギター弾きのブログ

ギター

TREMOL-NO、フロイドとかのフローティングを固定出来る。

フロイドローズ搭載のギターとか結構多かったりしますが、フロイドのギターってダウンチューニングどうするんだろって思ったので調べてみました。
動画サイトで演奏動画とか見てるとフロイドでダウンチューニングやってる人結構いたりしますね。
一応普通にフローティング調製すれば使えそうですが、ダウンチューニングの度に裏の蓋開けてネジ回してフローティング調節するのは面倒そう。。
そこでフローティングを固定すれば、チューニングを買えてもアームユニットが動かなくて、ダウンチューニングが容易になります。

TREMOL-NO

tremol-no
トレモロユニットを固定する道具としてTREMOL-NO(トレモルノ)ってやつってやつがいいみたいです。
ネジ(ダイヤル?)が3つ付いていてこれを調節することにより、アーム上下可能、アームダウンのみ可能、アーミング不可と簡単に変えられます。

装着方法

TREMOL-NOは裏蓋開けてアームを支えてるネジで止めてあるパーツを交換する事で使えます。

この動画がわかりやすいと思う。

これ、ものによってはTREMOL-NOを固定する2本のネジが、元々のパーツが付いていたネジ穴とずれてしまって、ネジが斜めになってしまう事があるようです。ただ使用には問題はないっぽいです。
なんか2種類あるのかな、日本でよく出回っているやつはフロイドローズとサイズがあわなくてネジ斜めになるっぽいです。
もう1種類はフロイドと同じサイズでネジ並行になるっぽいです。
買う際はそこのところ気にしといた方がいいのかな。

評判はどうなんだろう

評判についてネットで検索かけてみると良かったり良くなかったりありますね。
便利とあったり、使えないとあったり。
良くない理由としては、作りが雑とか効きが悪いとか。
TREMOL-NO自体が悪いわけではないと思うんだけどな。
セッティングをちゃんとすれば使えると思います。
効きが悪い時はグロスとかを塗ったりするといいようです。

有名な人も使ってる

ギタリストで有名な方が使ってると安心出来ますね。
知ってる人も多いであろうGuthrie Govan(ガスリー・ゴーヴァン)って方のギターにも使われていたりします。


動画後半でTREMOL-NOについて触れています。
ドロップチューニングにするの早すぎます。
今はCharvel(シャーベル)ってとこのギターを使ってるようですがそちらでもTREMOL-NOが付いてるようです。


調べてみた感じ便利だし良さそうですね。
フロイドのギターを買ったりする予定はないですが、フロイドのギターを使ってたりしたらTREMOL-NOは是非使ってみたいですね。
勿論フロイドじゃなくてもアームユニットがフローティングしてるギターにも使えますね。

-ギター