SoundNote

とあるギター弾きのブログ

Android iPhone

最近のスマホに画面シールは要らない?

今までスマホとか買った時は、真っ先に画面シールを貼って液晶がキズつかないようにしていました。
同じようにスマホ買ったら画面シールする方も多いかと思います。

しかし、最近のスマートフォンの液晶は頑丈でキズ付き辛く液晶保護フィルムをはる必要はないようです。
その液晶についてや強度について紹介してみます。

スマホに使われているガラス「ゴリラガラス」

gorilla_glass
現在、iPhoneやAndroid端末の多くはこのゴリラガラスという液晶を採用しています。

このゴリラガラスは強化ガラスの一種で、米コー二ング社により、iPhoneのために開発されました。
強度がかなり高く、よくキズつきやすいと懸念される、ポケットにスマホと鍵を一緒に入れる等してもキズつかないです。
ナイフでもキズつかないようです。


相当荒い使い方をしなければ、普通に2年間使ってもキズ付きません。

いくら頑丈であってもキズがつく可能性がある

ゴリラガラスの天敵は埃や砂などのようです。
埃や砂の中にはたまにかなり高い硬度の石英が含まれている事があり、それが画面をキズつける事があるそうです。
かといってそれでキズつくことはなかなかないと思うので神経質にならなくてもいいと思います。

ゴリラガラスは年々強度が上がってきている

ゴリラガラスは年々強度が上がってきているようです。
最近のゴリラガラス3では、従来のゴリラガラスに比べて
キズを40%減少し、ひび割れ時の強度は50%向上しています。
かなり良くなっていますね。

衝撃には弱い

スクラッチ等の引っ掻きキズに対しては非常に頑丈ですが、
落とす等の衝撃には未だに弱いようです。

ゴリラガラスとサファイアガラスを比較

ゴリラガラスガラスに次いで有名なのがサファイアガラス。
サファイアガラスは、サファイアクリスタルを人工的に再現した液晶です。

サファイアガラスはダイヤモンドに次ぐ硬度で
スクラッチ等の引っ掻きキズに対してはゴリラガラスよりも強いです。
使っていてキズつくことはまずなさそうですね。
しかし,曲げに対してはゴリラガラスよりも弱いようです。
落としたりするとゴリラガラスよりも割れやすいです。
[ゴリラガラスとサファイアガラスの比較]

iPhone6/6 Plus発売前では、サファイアガラスが使用されると予想されていましたが、
落とした時の強度がないのと、ゴリラガラスに比べコストが高くなるのと、供給が間に合わないとの問題から見送られました。
[使用されるとされていたサファイアガラス]

サファイアガラスは今まで、コストが高い事から使用されているものは少なかったのですが、技術革新でコストが安くなったようなのでこれから使用される端末も多くなるかもしれません。

そもそもスマホメーカーは画面シールを推奨していない?

メーカーは液晶保護フィルムを貼る事を想定してスマホを設計していません。
だから液晶が非常に傷つきにくくなっているのかもしれませんね。
メーカー純正の保護フィルムが出ていないことからもわかるかと思います。

ゴリラガラスの液晶にはそのままでも使いやすいように、フッ素コーティングがしてあり、そのままの状態で快適に使用する事が出来ます。
手触りもよく滑りも滑らかです。

液晶保護フィルムを貼った場合と貼らない場合

液晶保護フィルムを貼った方がいいのかはらない方がいいのかというのは、賛否両論分かれています。
どっちがいいのか人によって違うのかもしれないです。

液晶保護フィルムを貼ることのメリット
・更に液晶をキズ付き辛くできる
・精神的に安心できる
・種類が豊富(反射防止のシールや、指紋が付きづらいシールなど)

液晶保護フィルムを貼ることのデメリット
・多少なりとも画面が見辛くなったり、画面の感度が悪くなる
・シールは硬度が高いわけではないので、引っ掻きキズ等がつきやすい
・シールを貼る際、埃が入ったり、気泡が入ったりしやすい

ゴリラガラス搭載スマートフォン

・【Apple】iPhone,iPad
・【SONY】XPERIA(Z2以降)
・【SAMSUNG】GALAXY
・【LG】LGL
・【HTC】HTC
・【富士通】ARROWS
など

シャープ等の一部のメーカーではゴリラガラスが搭載されていなかったりします。
その際は画面キズ付きやすかったりするので液晶保護フィルム推奨ですね。

-Android, iPhone