SoundNote

とあるギター弾きのブログ

パソコン

iPhoneで撮った動画の扱い

2014/07/12

どういう原理でなってるのか知らんけど、
iPhone5で撮った動画をaviutlやpremiereに取り込んで動画編集しようとすると3分の1ぐらいの確率で実際に撮った速度と変わってしまいます。

これのせいでギター動画を作る時に音ズレ直らねーってなります。
せっかく頭合わせても段々ズレて来るので('A`)ヴァー

このズレは撮った速度より早くなる時と遅くなとき両方あります。

ちなみに撮った動画をwindowsメディアプレイヤーで再生してみるとちゃんと撮った速度で再生されます。

しかし動画ソフトに問題があるとは思わないので、多分iPhoneの動画に問題があるのでしょう。

そもそもiPhoneはmp4とかではなく、MOVという少し珍しい種類のファイルみたい。

 

さて、この動画のズレですが、動画を変換すれば直ります。

最初は、XMedia Recodeっていう動画ソフトを使って変換していたのですが、勝手にクリッピングされたり、縦横比が変わったりと散々なので使うのをやめました。(設定とかよくわかってないだけかもしれません。)

今はFreemake Video Converterってのを使ってます。

これでmp4に変換してからaviutlで読みこめばズレ解消!

となるはずが直らないなんてことがありました。

その場合は設定でフレームレートの上限を30fpsにしてあげれば直りました。

ここまですれば速度のズレを解消出来ます。

 

ただギター演奏動画とかあんまり手を掛けるの面倒なんで、この変換の過程は省略したいところ(´・ω・`)

しかし他にどうにも思いつかないのでこのままで。

-パソコン