SoundNote

とあるギター弾きのブログ

機材紹介

手のひらサイズでコンパクトなBlackstarのFlY3が良い感じ

081-2

わりと最近入手したアンプ。
僕はアンプ何使ってますかって聞かれたらこのBlackstar FLY3オンリーですね。
ってなわけでレビュー。
ちなみに普段はアンシュミ使ってます。

ミニアンプって持ち運びに超便利ね。Blackstar FLY3は手のひらサイズ

087

ミニアンプは初めて。
実際使い出すとこの持ち運びの便利さには感動しました。
持ってみると手のひらの上に載せられるサイズで非常にコンパクト。
普段使うバッグなどに普通に忍び込ませられる。

スペック

取り敢えずスペック。

■出力:3W
■スピーカー:3"×1
■2CH(クリーン、オーバードライヴ)
■MP3ライン端子
■ISFコントロール
■エミュレーテッド・アウト端子
■ディレイ・エフェクト
■バッテリー駆動(単3乾電池6本)
■SIZE: 17.0W x 12.6H x 10.2D(cm)
■重量: 0.9kg

持ち運びにも、家での練習にも

the-blackstar-fly-3-mini-battery-amp-and-pack-released

出先でちょっとギターを引きたくなった時とか。友達の家で弾きたい時とか気軽に持ってく事が出来ます。
自宅での練習にもいいアンプだと思います。
音量は大きすぎず小さすぎず丁度いい感じです。
近所迷惑とかもバッチリです。

ミニアンプだけど音がいい

このアンプにした決定打は音がいいこと。

ミニアンプの存在は前から知っていたのですが、ぶっちゃけ音が悪すぎるイメージ。
友達とかに借りたりする事もありましたが、これ使うんだったら生音の方がいいんじゃないかって思うくらい。
でもFLY3はそんなイメージを取っ払ってくれました。

ミニアンプなのに音がいいです。録音にも使えるレベルだと思う。
ミニアンプじゃない安いそこら辺のアンプよりもいいんじゃないかな。
しっかりしてます。

コードでぐちゃぐちゃしない。電池駆動

089-2

電池で音がでます。
ミニアンプは大体電池かな。
コード無くてスッキリしてます。

使う電池は単3形電池6本ですね。
一番普通の電池でいいのだ。

ギター周辺機器に使う電池って9V電池とか豆電池とかが多かったりするので、用意しやすい単3電池でいいのはありがたい。
電池もちも普通にもつよ。

一応ACアダプターも接続出来るようになってて別売りで売ってるのですが値段が無駄に高いのでおすすめしない。

iPhoneとかのスマホを繋いでスピーカーにも出来る

flymp3

なんとイヤホンのジャックがあってスマホとかを繋げます。
アンプだけどスピーカーにも出来る優れもの。

エレキギターって単体じゃなくてバックに音楽欲しいですよね。
スマホ繋げばバッキングトラックを流しながら弾くとかが出来ます。便利なんじゃー。

2ch使用でDELEYも搭載してる

083

2チャンネル使用です。
クリーンとディストーションですね。
歪も安っぽくなくコンパクトサイズを感じさせない良い音がします。
歪の音大事だよね。
結構歪むのですがハードロックはメタルだと足りない事もあるかも。ペダルとか使えばいいんだけどね。

FLY3はDeleyも付いてます。
ミニアンプなのにDeleyが付いてるのは珍しいみたい。
あったほうがいいですよね、Deley。特にソロとかで重宝します。

あとこのアンプEQが少し変わっててISFってやつです。
ISFは音質の調整みたいな感じで、右に回せばUSAサウンドに、左に回せばUKサウンドに変化するというものです。
USAサウンドもUKサウンドもわからないですが回すと音が変わるのはわかります。

バリエーションも5種類から選べるよ

flycolor
blackstar

何気見た目もかわいいよね。
色が僕は赤いの使ってるけど他にも黒、白、深緑、イギリスの国旗使用と5種類もあります。

最後に

アンプ持ってなかったボク、何かしら欲しいなーって気になっていたのです。
そんな時に見つけたFLY3は理想的で求めてた物そのものでした。
アンプはこれ一個あれば十分です。

練習アンプとか持ち運びのアンプになに買おうか迷ってる人に自信持っておすすめです。

-機材紹介