SoundNote

とあるギター弾きのブログ

ギター

飛行機にギター持って行っても大丈夫なのか

airplane
最近出先の暇つぶしにギター持って行ったのですが、飛行機に載せるとき少しだけ不安になりました。
飛行機でギターもってくってなったら他にも不安になる人いるんじゃないでしょうか。

機内持ち込みは難しい

出来るなら機内に持ち込みたいって思うよね。
機内持ち込みってのは手荷物として機内に持ち込むのです。
昔は出来たらしいけど今はほとんど出来ないです。
でも知人は気合で行けると言ってました。
実際のところはどうなのかわからないです。
ここらへんは日本の空港より海外の空港のが融通きくような気がします。

ケースによるのもでかい

受託手荷物として預ける場合、ソフトケースとハードケースで耐久性は大分変わると思います。見た目から容易にわかりますね。
ハードケースで預ければ大分安心出来ると思います。

ハードケースでも壊れる事もあるよ

ギグバッグと違って頑丈なハードケースに入れていても壊れるケースもあるみたいです。
デレビでバンドのツアーかなんかを観てたけどハードケースでもネック折れてたーとかありました。
ハードケース中でも中でギターが動いたりして負担がかかるものもあるので、フィットして動かないやつの方がいいです。
ちゃんとしたケースだとしっかりしてるのでよほどじゃないかぎり無敵に見えます。

壊れる原因は飛行機よりも

一番怖いのは飛行機ではなく運搬する作業員だと思う。
これは飛行機だけじゃなくて宅配とかでも同じかもしれないですね。
海外とかだと扱いが雑なところもあるみたいなので注意ですね。
日本国内は割りと丁寧なので大丈夫かと思います。

反りとかにも気をつけて

ギターは木で出来ているので気候の変化でネックが反ります。
飛行機とかで運ぶと急に気候が変わったりするのでネック反りやすいようです。
これは使ってるギターにもよると思います。
日本国内とかあんまり気候が変わらないところは気にしなくても大丈夫かな。

ギターを置くためにもうひと席

自分の座席ともうひとつギターの為に座席を取れば機内に持ち込む事が出来るようです。
航空会社によって違うと思いますが、ギターの座席は通常より安くなるようです。
お金に余裕がある人で不安な人にいいと思います。

分解して持ち運ぶ

ボルトオン(ネックとボディがネジで固定してあるやつ)は分解してバッグかなんかに入れればサイズが小さくなるので機内持ち込めるようです。
器用な人はこの方法結構いいかもですね。

フライトケース

フライトケースとあるように飛行機でギター運ぶ用のケースです。
とにかく頑丈みたいです。
ただフライトケースって高いですね。
安いギター一本買えちゃいますね。

JALとかの航空会社ではこんなものも

JALだとギターとかの楽器を運ぶためにケースを用意してくれるサービスがあるようです。これは親切ですね。
ギターの場合特に追加料金とか無いみたいです。
詳しくは楽器とおでかけサービスより。
JALで行く場合はギグバッグとかでも安心して持ってけそうですね。

LCC(格安航空会社)でも大丈夫でした

今回ジェットスター乗ったのですが値段が驚くぐらい安かったです。
ってか飛行機ってこんな安く乗れるんですね。
格安航空会社は受託手荷物で料金かかるので予め知っておいた方がいいです。
重さによって値段が変わったりするみたいです。
空港でギターの重さ図ったら10kgぐらいありました。結構重い。
ギター預けたら壊れもののタグつけてくれたんで大丈夫だと思います。

ギター壊された人の動画

こんなものまであるんですね。


アコギで有名なTaylor(テイラー)のギターを飛行機で壊された人が嘆いて作った歌。
おふざけで作ったのか真面目に作ったのかわからない。クオリティ高いです。

-ギター